×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

日  誌
2007年5月C
5月Bへ 5月Dへ

5月11日(金)
 参議院・特別委員会での国民投票法案の審議を打ち切り、採決か
本日、福祉労働者連帯ユニオン(ソウル・ワーカーズ・ユニオン)は2隊に分かれて10人で総決起します
参院・特別委員会での強行採決、弾劾
17時50分頃、参院憲法調査特別委員会は改憲投票法を強行採択しました。
まずは、ハネやん弁当を食べます
福祉労働者連帯ユニオン・書記長・ユッ君、一回目のアピール
出来立てのゼッケンをして
福祉労働者連帯ユニオン、怒りの総決起
書記長・ユッ君、2回目のアピール
国会前、座り込み、山口さんも来た


強行採決弾劾のシュプレヒコール
夕食は新宿で「桂花ラーメン」
「街」に戻って、抹茶ケーキ
先発隊、国会に出発
昼食はハンバーグ
海上自衛隊ついに出航 沖縄テレビ  「リアル・プレイヤー」
無償版をダウンロードして見て下さい
◇◇自衛隊掃海母艦が沖縄近海へ◇◇
07/05/11 (金) 12:02
45K】【225K
海上自衛隊の掃海(そうかい)母艦「ぶんご」が今日横須賀港から沖縄近海にむけて出港しました。掃海(そうかい)母艦「ぶんご」は、来週にもはじまるキャンプシュワブ周辺海域での事前調査の為の機材設置作業を支援するものと見られています。

普天間基地の移設にむけて、那覇防衛施設局ではキャンプシュワブ周辺海域で、先月から事前調査の準備作業に着手していて、本格的な調査に向けて、来週にも調査機器を海底に設置するものと見られています。掃海(そうかい)母艦「ぶんご」は、ゴムボートや空気ボンベ、潜水員をのせた後、きょう午前8時30分頃横須賀港を出港したということです。掃海(そうかい)母艦「ぶんご」は沖縄近海をめざしていて、来週にも行われる調査機器の設置を支援するものと見られています。防衛施設局の事前調査で海上自衛隊が関与するのは極めて異例な事です。
辺野古の速報はこちら!!
ちゅら海をまもれ!
沖縄・辺野古で座り込み中!
午後12時半現在
c5312cbc.jpg
動きはありません。海が少し荒れてきました。陸に上がって待機しています。
命を守る会事務所前には座り込み参加者が集まっています。


kitihantai555 at 12:48
午前7時50分現在
動きはありません。カヌー、船の準備は終わりました。

8f514986.jpg
kitihantai555 at 07:52
おはようございます
d2484789.jpg
朝早くから集まっています。
kitihantai555 at 07:35
『海自動員可能性を示唆』
f3b33f77.jpg
本日の朝刊
「辺野古事前調査で官房長官
塩崎官房長官は十日午前の定例記者会見で、環境現況調査(事前調査)の作業で、海上自衛隊員を動員する可能性を示唆した。関係者によると潜水士として動員される可能性がある」
kitihantai555 at 07:03
辺野古から緊急情報 5/11
5/11朝

今日も早朝から人が集まっています。船とカヌーの出港準備は整っています。海上自衛隊員のダイバーを導入する件について官房長官も示唆している旨沖縄の新聞にも載ったようです。記事のリンクは基地建設阻止に夜リンクしますが、各新聞社のHPには昼には載ると思いますのでそちらもごらんください。また一つ前の書き込みで抗議先をリンクしてありますので是非全国から抗議の声を上げてください。なお誹謗中傷、営業妨害にあたるような暴力的な言葉や文章での抗議は絶対にやめてください。辺野古での平和を創り出す行動と正反対の行動となってしまいます。よろしくお願いいたします。at 07:56

法大弾圧速報!
私達の仲間、新井くんと友部くんを警察から奪い返そう!気合いを込めて転送します!

4・27弾圧の二人の勾留開示公判が決定しました。5月16日です。時間は、東京地裁前に2時半集合です。(傍聴券が配布されます)3時に開廷します。詳しくは、クキノまで。東京地裁は霞ヶ関です。開示公判は、裁判官に対し逮捕の事実関係や勾留している理由を弁護人が問いただしていく裁判です。もちろん傍聴もできます。傍聴席をいっぱいにすれば、二人への激励と裁判官への圧力にもなります!ハッキリ言って、この裁判はメチャクチャ面白いです。平日の昼間ですが、ぜひ参加をお願いします。
横浜での公聴会に「こんなペテンは絶対打ち破るぞ! 2007/05/11 10:24
画像
神奈川から報告します。 

 5月10日、公聴会会場の新横浜国際ホテルのすぐ横でビラをまき街頭宣伝をしていると、午後2時ごろ特別委員会の委員たちがバスで到着。公聴会を弾劾する声は、確実に委員に突き刺さっています。良心的軍事費拒否の会のメンバーや、急を聞きつけ自分でホテルに電話をして会場を探して会場に来たという男性がマイクを取って、少しも意見を聞かない公聴会を弾劾しました。半休を取って駆けつけた自治体労働者が自分たちのたたかいで改憲は絶対止めると発言しました。

 公聴会が強行採決のためだけのものだということがはっきりしました。安倍政権はたたかいを恐れているということです。こんなペテン的で場当たりなやり方は絶対打ち破れると思いました(^-^)ノ
語り歌ノートvol.20 2007.5.11     館野公一
---もくじ---
■ライブお知らせ 革に刻まれた物語 駒込・どぅたっち 5月11日(木)★本日★
 語り歌の継承 vol.25 谷保・かけこみ亭 6月9日(土)
 早稲田・ジェリージェフ 6月30日(土)
■CD、ギター教室
■今月の歌『箪笥』
■あとがき
昨日は南から低気圧が駆け抜け、全国的に強い雨と風の一日でした。今日はずいぶんいい天気。でも風がまだずいぶん強く、ちょうど咲いたばかりのモモイロヒルザキツキミソウが可憐な花を風にゆらせています。この語り歌ノートはライブのお知らせを中心に、不定期でお送りしています。

++++++++++++++++ライブお知らせ++++++++++++++++++
【革に刻まれた物語】語り歌の夕べ・晩春編★本日です!★
◆5月11日(金)駒込・琉球センターどぅたっち(TEL03-5974-1333)

 駒込駅からすぐの小さな沖縄、『どぅたっち』で。今回は3回目。どぅたっちではいつも中川龍也さんと2人で1時間ずつの語り歌バトルです。泡盛、オリオンビールやオキナワン・フードもあります。7:00pm〜 1800円(ワンドリンク・沖縄おにぎり付)

琉球センターどぅたっち(山手線駒込駅東口下車2分)東京都豊島区駒込2−14−7 TEL03-5974-1333
どぅたっちBlog↓
http://dotouch.cocolog-nifty.com/blog/
地図↓
http://www.mapion.co.jp/c/here?S=all&F=mapi4409769070511015503

【語り歌の継承 vol.25 館野公一】
◆6月9日(土)谷保・かけこみ亭(042-574-3602)ゲスト:だるま森+えりこ

 さあ、だるま森ちゃんとえりこさんの登場だ。こどもたちを相手にメッセージをこめた2人芝居小屋や工作教室をバリバリ展開している、だるま森+えりこさん。その奇天烈で奥のフカーイだるま森ワールドをお楽しみあれ。さあ、来て観て驚いて揺さぶられて帰ってください。
7:00pm 1500円(電話・メール予約1300円)メールはこの「語り歌ノート」に返信して下さい↓。
★ライブ中はタバコは外でお願いします★
かけこみ亭↓(南武線・谷保駅北口下車3分)
http://www.asahi-net.or.jp/~yi7k-ttn/kakekomi/
7:00pm〜 1500円 電話・メール予約、この通信出力ご持参で1300円
だるま森ホームページ(音声が出ます)
http://www1.parkcity.ne.jp/dalma/
だるま森ジャーナルブログ
http://blog.livedoor.jp/dalma56/

◆6月30日(土)早稲田・ジェリージェフ(03-3208-1839)ゲスト:QUILOMBO

 西早稲田のロック・カフェ、ジェリージェフ、豊田勇造さんのバックでよく来ていたのですが、歌では初見参です。深澤裕さんと野中さんのユニット、QUILOMBOと一緒です。早稲田という街とそのまま体現しているような、い〜いお店、その雰囲気の中で歌います。

7:00pm 1000円(ドリンク別)
ジェリージェフ(地下鉄東西線・早稲田下車徒歩7分)
http://www.wrangler.co.jp/MoreWrangler/MUSIC/jj.html
地図はこちら↓
http://maps.google.co.jp/maps/ms?ie=UTF8&hl=ja&msa=0&msid=11620279770191545550
1.00000112785d8669da327&z=19&om=1


+++++++++++CD、ギター教室++++++++++++
■『語り歌の継承 vol.1』100枚突破
 DU/見えない光の矢/豚のごはん〜富士見が丘ストーリー 全4曲 44'12" CD-R 1000円

昨年春まとめたCD、手焼きですが、おかげさまでぽつぽつと売れてやっと100枚突破しました。内容は劣化ウラン弾の「DU」、臨界事故の「見えない光の矢」に、京都の「喫茶のん」での楽しいライブ録音で「豚のごはん〜富士見が丘ストーリー」の4曲です。送料は200円です。次のを作れ!という声もあるので、そろそろまとめてみたいと思ってます。

■歌いたい人のためのギター教室

 ギターをうまく弾くというよりも、ギターを道具として弾き、楽しく歌を歌って、気持ちを表現することのアシストをしていきます。
誰でも始めよう、も一度やってみよう…という気持ちであなたもどうぞ!
入会金5,000円、月謝4,000円(月2回)第一・三日曜日 14時〜
会場:スペースF(国立福祉会館ウラ)南武線谷保駅徒歩7分
ご連絡は館野までメールをください>qfh01525@nifty.com

+++++++++++++++++++【今月の歌】++++++++++++++++++
■『箪笥』

 オイラ古いものが好きで骨董をかじり始めてもう20年
 今日も街道沿いの旧家を見つけては めぼしいものをあさって歩く
 年季の入った土蔵を見つけ 母屋の方に声をかけた
 旦那さん立派なお蔵ですね 何か古い焼き物でもあったら
 引き取らせちゃもらえませんか

ウチにゃそんなもんはないと思うが なんだったら土蔵の中をのぞいてみるか
扉だけアルミサッシに改造した 土蔵の中はぷんとかび臭い
見回してもまあ碌なもんはあるはずはない あるはずはない ない あー!

そこにあるのは差し渡し4尺7寸、奥行きが2尺3寸
高さ5尺の桐箪笥 マーブルチョコのオマケだろうかアトムの古いシールが貼ってある
シールがペタペタ貼られてるだけじゃなく 白いペンキまで塗られているが
無造作に置かれたガタクタの向うからオーラがさしてくるのが見えた

ここであわてちゃいけない 後ろじゃ親父が見てるんだから
何気ないふりふりしながら だんだん箪笥に近づいてみた
クズみたいな大皿を思わせぶりに手にとって
気のない振りして 絵柄を眺めるふりをする
その皿は色鍋島じゃろ 今度テレビの鑑定団にでも
そんな親父の声を聞きてるふりして 目はノールックパスで箪笥を見てる

細かい木目がうっすら浮いた これは最上級の会津桐
観音開きを開けてみた 引き手はちぎれ前飾りは曇っているが
音もなくひらく扉の中をみて 思わず息が止まった
板目は赤ん坊の肌のように滑らかで 板の継ぎ目の隙もない
組み手、木釘に浮きもなく まるでできたばかりのように狂いもない
産地は加茂か春日部か 頃は明治か江戸末期
スルリと開く引き出しの中には ぼろきれや針金、木切れが入っているが
一番奥に貼ってあった小さなに 達筆な筆文字が
見たとたんに足が地面についているのか さっぱりわからなくなった
震えちゃいけないと言い聞かせつつも 身体の震えが止まらない

 オイラ古いものが好きで骨董をかじり始めてもう20年
 今日も街道沿いの旧家を見つけては めぼしいものをあさって歩く
 年季の入った土蔵を見つけ 母屋の方に声をかけた
 旦那さん立派な土蔵ですね 何か古い焼き物でもあったら
 いい値で引き取らせちゃもらえませんか

将軍さまの宮大工で名前が知られ 鑿を握れば当代一
天女を彫れば夜中に空を飛び 柱の龍は雨を呼ぶ
でもいつしか大名お抱えの 神社仏閣には嫌気がさし
手遊びか気まぐれかは知らないが 日用品に手を染める
凝に凝った箪笥や長持、衣桁や几帳が作られた
しかし火事や地震のこの国で 残ってるものはないと聞いた

小さな和紙の薄くなった墨に 目を凝らすと
元禄元年 戊辰 つちのえ たつ 丸に甚の字 が書かれてる
泣く子も黙る古今の名工 左甚五郎の細工物
それもこんな立派な桐箪笥 こんなところにあるなんて

おっと親父が聞き耳を立ててる「はぁ、左がなんだって?」
「いーや、この左の方に傷があるってことで…」 危ない危ない

まあ、よく見てみるとあまりいいものはないようですねぇ
ところでどうですこの桐の箪笥 箪笥としては二束三文だけど
バラせば上等の朴歯の下駄が20足は取れる 3万円で持っていきましょうか

親父の顔がちょっと曇った 俺の目が輝いてたのを見られちまった
やばいぞ、さては悟られたか でも親父は気づいていなかった
それだけ下駄が取れるんなら十万円じゃどうかいなと言ってきた
あれこれゴネたが5万円で手を打った 胸をなでおろす

それじゃ車を持ってきますんで お手数ですがこの箪笥
表にの広いところに出しといてくれますか

さあ、これはなんでも鑑定団どころの話じゃない
持ち込むのはサザビーズか ボストン美術館
俺の頭で電卓がフル回転 駐車場へと走っていった

 オイラ古いものが好きで骨董をかじり始めてもう20年
 今日も街道沿いの旧家を見つけては めぼしいものをあさって歩く
 年季の入った土蔵を見つけ 母屋の方に声をかけた
 旦那さん立派な土蔵ですね 何か古い焼き物でもあったら
 いい値で引き取らせちゃもらえませんか

親父は母屋の息子に声をかけ 箪笥を外に出そうとした
ところが防火工事で土蔵を改造したせいか 入口から箪笥が出ない
押しても引いても出せない箪笥 息子は面倒くさがってあきらめたらと言う
5万円があきらめられない親父は のこぎりで息子に切らせることにした

どうせ下駄にするっていうんだから きれいに切れば問題はない
ところが息子がうなりだす 木の目にぴっちり入り込んでのこぎりが動かない
一体なんて頑丈な箪笥だ これはホントに桐で出来てるのか
あられ組み継ぎ 蟻組み継ぎ 名人の組んだ木ははがれはしない

じゃあいいから鉈もってこい 桐の板目に鉈の歯を当てる
乾燥しきった会津桐 さっくり板目から割れて行く
箪笥は見る見る端切れになり 土間にうずたかく山をなす
跡には甚五郎の手になる標書き 一枚風にひらひら舞っていった
これで運ぶ手間だけじゃなく ばらす手間も省けたろう
おう向うから車が走ってくる なんかあわてたハンドルさばきで

 オイラ古いものが好きで骨董をかじり始めてもう20年
 今日も街道沿いの旧家を見つけては めぼしいものをあさって歩く
 年季の入った土蔵を見つけ 母屋の方に声をかけた
 旦那さん立派な土蔵ですね 何か古い焼き物でもあったら
 いい値で引き取らせちゃもらえませんか


 これまでの語り歌とちょっと雰囲気の違うものがほしくて、書いた歌です。ニュースとか社会性と関係なくても、ふんふん、それでどうしたの?と聞いてもらえるような歌がぼくは好きなんです。

+++++++++++++++++++あとがき++++++++++++++++++

 嵐のような統一地方選挙が終わって、悲喜こもごもでした。ぼくの住んでいる国立市は市長選挙が嬉しい結果だったんですが、都知事選はご存知のようなどよよんなことになりました。まーた、4年間もあの顔を見なければいけないなんて、ホントいや!夏の参議院選挙が終わった時点で、もっと笑っていられればいいんですけど…。
国民投票法案(改憲手続き法案)も、今日には委員会採決、来週月曜日に成立の見通しです。これからまた大変だよ。
 いつも長いメールを読んでくれてありがとうございます。このメールは複数の方にお送りしています。不要の方はお知らせください。それでは、ライブでお待ちしています。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
語り歌ノート vol.20 発行 館野公一 qfh01525@nifty.com

5月Bへ 5月Dへ


2007年日誌