×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

日  誌
スケジュール
4月21日(土) 『第1軍団移駐』反対!
4月21日(土)は1周年記念デモです。
午後2時相武台前駅集合。午後2時20分出発。
皆で『第1軍団移駐反対』の意思を表わしていきましょう。
4月22日(日) 金城繁師匠ライブ
馴染みの、三線名人、金城繁師匠が、今年も東京にきます!
場所:武蔵関北口駅前「オープンスペース街」
時間:20時から。 ライブチャージ:¥1000
DSCN1917.jpg
4月28日(土) 詩画集発行記念
星野文昭誕生日ライブイン「街」午後7時開始〜9時終了
入場料 1.000円(1ドリンク付) 
 ご 案 内
 4月27日は、星野文昭さんの61歳の誕生日です。この日に、文昭さんの絵と暁子さんの詩による詩画集が発行されます。

 また、4月28日は「沖縄デー」です。この日に合わせて、お二人の詩画集発行をお祝いし、一日も早く星野文昭さんを取り戻すためのライブを行うことになりまし
た。場所は、練馬区にある「オープンスペース街」です。

 詩の朗読と「ヨッシー&ジュゴンの家」の皆さんによる演奏。

 楽しい交流の中から、新たなエネルギーを生み出していきましょう。皆さま、ふるってご参加ください。

 ライブ終了後、有志による交流会を行います。飲み物等の持ち込みは自由です。時間の許す限り、ご参加ください。

星野さんをとり戻そう!全国再審連絡会議事務局
Fax 03-3591-8224

2007年4月E
4月Dへ 4月Fへ

4月16日(月)
昼食はイワシフライとかぼちゃコロッケ マカロニサラダとアスパラ
自家製ミソの差入れ 夕食はオデン
シメジ・ひじきご飯
夜の「街」
仕事帰りのパクさん 星野アピールを韓国語で練習。これがうまい
不当解雇撤回で和解 労組結成の元警備員琉球新報 (4/16 9:47)
 職場の環境改善を求めて労働組合を結成した後、合理的な理由もなく警備会社から雇い止めされたのは不当労働行為などに当たるとして、元警備員の男性2人が従業員の地位保全と給与の仮払いを求めて那覇地裁に仮処分を申し立てていた問題で、15日までに、男性2人と山陽警備保障沖縄(喜友名朝順社長、浦添市)との間で和解が成立した。 和解条項は(1)同社は解雇を撤回し2人の従業員としての地位を認める(2)同社は2人に解雇期間中の賃金を支払う―というもの。

 申し立てを行っていた仲村春松さん(55)は「ほっとしたが、和解条項をきちんと履行してくれるか心配だ。今まで従業員の人権はまったく無視されてきたが、会社には和解を機に反省し、従業員を人間としてみてほしい」と訴えた。

4月15日(日)
早朝、杉並に行ってきました
出陣式
三里塚反対同盟の鈴木さん
市東さんの挨拶
荻窪駅まで練り歩き
荻窪駅で街頭宣伝
夕方は、阿佐ヶ谷駅、夜は荻窪で街頭宣伝
根津さんの停職出勤日記

4月14日(土)
重要。転載歓迎!!
日本全国のみなさんへ
 V字形沿岸案反対、違法事前調査許すな

  座り込み3周年キャンプ・シュワブ「人間の鎖」行動への参加と協力の御願い
↓↓

ヘリ基地反対協議会
  名護市大南1−10−18比嘉ビル(202)
      TEL/FAX 0980・53・6992
 
市民投票から10年、テント村3周年、
 
1997年12月21日、名護市民は海上ヘリポートを市民投票で拒否しました。それ以来、名護市民、沖縄県民の闘いは10年を超えました。辺野古のお年寄りたちの「命を守る会」の闘争小屋を守る日々にの生活は、歴史に刻まれる希望への光りでありました。
 私たちは、04年4月1日から始まった軍民共用空港ボーリング調査の阻止闘争には「テント村」を設営、陸上と海上に座り込みました。ボーリング阻止闘争には、県内外、外国も含めて6万人余(延べ人数)が参加し闘い、05年9月2日に海上のボーリングヤグラ撤去、閣議で廃案されました。
日米両政府は、3度目、2本の滑走路を持つV字形沿岸案を押し付けてきた。この間、「テント村」の座り込み行動は継続され、4月28日で3年(1105日)を迎えます。

新たな闘いに向けて
那覇防衛施設局は、米軍再編成の中核をなすV字形沿岸案の工期短縮目指して、環境影響評価法を逸脱した事前調査計画を強め、入札を完了、沖縄県に「公共用財産使用協議書」を提出しました。IUCN(国際自然保護連合―政府機関も加盟)は、軍民共用空港のボーリング調査を、環境アセスメントに組み込むよう日米両政府に勧告しました。今回の事前調査も「自然環境を攪乱」するもので許されません。
このような状況が進むなかで、ヘリ基地反対協議会は、V字形沿岸案、事前調査許すなの闘いのために、4月28日(土)、座り込み3周年、キャンプ・シュワブ「人間の鎖」行動、海上抗議行動を行ないます。
4・28座り込み三周年「人間の鎖」、海上行動参加と協力の御願い
サンフランシスコ条約発効の日4月28日は、沖縄返還以前は「民族屈辱の日」、祖国復帰の日として、北緯27度線海上大会、10数万の与儀公園大会など多彩な行事が開催されました。。     
今年は復帰35年の節目の年、「核も基地もない平和な沖縄」の願いは踏みにじられ、新たな軍事空港(V字形沿岸案)が強行されようとしています。キャンプ・シュワブ「人間の鎖」行動への参加を呼びかけます。
 とき、  4月28日(土)午後2時から3時05分
 ところ  名護市辺野古キャンプ・シュワブ(国道329号線)
 行事   人間の鎖、ダイイン、リボン結び、風船宣伝、海上抗議行動。
 関連行事 辺戸岬集会(祖国復帰の碑文、沖縄復帰闘争史の名文)午後6時(主催沖縄平和センター)、復帰闘争の関係者参加、証言が一杯聞けるチャンス。

  闘いの勝利をめざして
 市民投票以来、辺野古には県内外、海外を含めて約16万人余を超える人々が訪問し
ましたた。アメリカではジュゴン訴訟を400の環境団体が支持しています。特に、軍
民共用空港建設阻止の闘いでは陸上、海上で多くの方々が連日行動しました。今年の3
月、エクアドルで外国軍隊基地撤去国際ネットワークが結成されました。
いよいよ、V字形沿岸案に対する闘いが始まります。県民的闘い、全国的闘い、世界へ
闘いの輪を広げて行きましょう。
私たちの闘いは、県外のマスコミが辺野古の戦いを伝えないなか、メール、HP、ビデオ作成、写真展、辺野古行動などで国民世論と共同の輪を世界に広げてきました。闘いの現場がジャーナリズムを形成するネットワークをさらに強化しましょう。憲法を守る草根の運動と連携、地球環境保全運動の広がりと米軍再編成ノーを結合しましょう。三度目の闘いは始まった。

参加できない皆さんへ
人間の鎖行動は、新たな闘いのスタートとなります。参加したくても参加できない皆さ
んはじめ、団体も参加できる企画を行ないます。
 その1は、リボンを送ってください。キャンプ・シュワブの金網に縛ります。
 その2は、FAXでメッセージを送ってください。

 
 ヘリ基地反対協議会の連絡先は
   沖縄県名護市大南1−10−18 比嘉ビル202号室
    TEL・FAX 0980・53・6992
          2007年4月1日
今日の「街」
昼食は残り物でチラシ寿司
レンコ鯛の干物 エボ鯛の干物 三里塚の間引き大根の浅漬け
村マッちゃんから差入れ
三時のお茶 日誌をチェックするシェフ
夕食は今年初の冷やし中華
寿司の差入れ →
夜は、福祉労働者連帯ユニオンの全体会議
寄付の団結ハチマキ 団結打ち上げ

改憲国民投票法案阻止のため力をつくそう!04/13 22:31

とめよう戦争への道!百万人署名運動 ブログより転載
画像 画像
この日の本会議はまた、その直後に「米軍再編特措法」も同様に成立させた。さらに、本来、常設の文部科学委員会で審議するはずの「教育3法案」を、毎日審議できる特別委員会を設置して審議することをやはり数の暴力で決めた。自衛隊を戦争の出来る軍隊にし、地方自治を解体し、愛国心教育を徹底させる安倍政権の「美しい国」の内実を如実に示した国会だった。そして、国会前にも安倍首相の応援団である右翼が「日の丸」を掲げて登場した。そして改憲国民投票法成立にバンザイをしていた。恐るべき国会の実態である。
 来週の月曜日(4/16)午前11時からの参議院本会議直後から参議院の憲法特別委員会がスタートする。はじめに成立ありき、でガンガン審議日程を入れてくると予想される。全国の皆さん!安倍首相の野望をうち砕くために全力をあげましょう!まずは「改憲国民投票法案」が憲法改悪マシンであること、9条改憲をさせないためにはこの法律を作らせてはならないことを一人でも多くの人に訴えよう。百万人署名運動の改憲リーフをどんどん活用して下さい!

4月Dへ 4月Fへ

2007年日誌