×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

日  誌

辺野古と共に!国会前座り込み
 国会座り込みの様子を毎日更新!!
プロテスト
バンド
 
ヨッシー&ジュゴンの家
スケジュール
動労千葉を支援する会のホームページから転載
館山運転区・木更津支区廃止絶対反対!勝浦市議選必勝!
1/16動労千葉総決起集会 
1
月16日 DC会館 18時
 昨年末に3月ダイ改の要員提案がだされた。動労千葉は、3月18日のダイ改に向けた3ヵ月が、組織の存亡をかけた勝負と総決起体制に入っている。
 JR千葉支社は、線見訓練のためと称して、蘇我運輸区から木更津運輸準備区に5名の運転士を送り込んでいる。すべて東労組の組合員だ。廃止するとしている館山運転区に働く仲間たちを無視し、動労千葉を排除して、一方的に新運輸区設置に向けた準備が進められている。運輸区新設攻撃が、動労千葉破壊攻撃と表裏一体のものとして画策されている実態があらわになった。 新運輸区は本線運転士で50名(EC35名、DC15名)。ECで言えば、館山運転区の3分の2ほどの規模である。館山運転区の運転士なら訓練の必要はないにも係わらず、開業の3ヵ月も前に他区から運転士を送り込むなどというやり方は絶対に許せない。これまで準備区に発令された要員は、指導員などを含め、全て東労組である。こんなやり方で廃止攻撃が仕組まれている。千葉支社は館山支部の団結をバラバラに解体しようとしているのだ。動労千葉は徹底抗戦の構えで闘いに突入した。
DVD完成

  

頒価500円 注文は支援する会でも取り扱っています。


2007年1月C
1月Bへ 1月Dへ

1月13日(土)
辺野古基地反対派 座り込み1000日 沖縄タイムス 1月13日(土) 朝刊 26面
着地点見えぬまま
 米軍普天間飛行場の移設先として日米が合意した名護市辺野古の海辺で、反対派の住民らが組織的な座り込みを始めた二○○四年四月十九日から、十三日でちょうど千日。普天間移設問題の着地点が依然として見えないまま、運動はさらに長引きそうだ。

 座り込みを続けているのは、新たな基地建設を拒み、ジュゴンのすむ海の環境を守ろうと主張する住民や平和運動家ら。辺野古漁港近くのテント小屋に毎日十人ほどが詰める緩やかな交代制を組み、県外の学生らが参加することも。

 まとめ役の一人、嘉陽宗義さん(84)は辺野古集落の長老。終戦間際、海軍通信兵として乗っていた艦船がベトナム近海で空爆を受け重傷を負った。左腕と腰に今も生々しい傷あとが残る。「人を殺し、地獄を見てきた。戦争のための基地はいらない」と、月に二回はテントを訪れる。

 辺野古の海は嘉陽さんにとって身近で神聖な場所。戦後、貧しさの中で海から生活の糧を得ることも多かった。四十年前には海水でキリスト教の洗礼を受けた。「近くの米軍基地からの汚水で、辺野古の海は死にかけている。殺してはいかん」

 座り込みは○四年四月、普天間飛行場を辺野古沖に移設する計画(海上案)で、国がボーリング調査に乗り出した日にスタート。舟やカヌーによる海上の阻止行動も展開され、計画は頓挫した。

 事態打開のため日米両政府は昨年五月、キャンプ・シュワブ沿岸部に移設する計画(沿岸案)で新たに合意。その具体化の動きに嘉陽さんらは神経をとがらせる。

 移設に賛成する住民との間にいさかいも生じ、静かだった集落は分断の苦しみを味わった。「賛成か反対かで親しい友人や親類が離れていったことが一番つらい」と嘉陽さん。それでも「今やっていることは正しかったと五十年後、百年後の子孫が認めてくれる」と信じている。
国が事前調査提起 県は海域の拡大要求 琉球新報 (1/13 9:55)
 米軍普天間飛行場移設問題で、防衛施設庁幹部が環境影響評価(アセスメント)とは別に事前調査を実施したい考えを県に伝え、県側は調査海域を県の主張するV字形滑走路案の修正範囲まで広げるなら調査着手に同意する考えを伝えていたことが12日までに分かった。同庁幹部は12日、名護市を訪れ、県との話し合いを報告した。 事前調査は、アセス方法書提示など所定の手続きに先立って行う調査で、従来移設案のアセスの際に作成した方法書の調査項目を参考に、サンゴやジュゴンの生態調査などを行う。

 政府は5―6月のサンゴ産卵期に合わせて海域での調査を開始したい考え。19日に予定される第3回移設措置協議会の場で、政府と県で事前調査の実施を確認するとみられる。

 事前調査の実施方針は、防衛施設庁の辰己昌良施設企画課長と渡辺一浩土木課長が11日から来県し、県庁で仲里全輝副知事、府本禮司基地防災統括監と面談した際に伝えた。県は現段階でのアセス方法書の受け取りに否定的な立場だが、県首脳は「事前調査であればアセスと離れて事業者である国の任意でできる。事業者の責任で調査を実施するなら進めればいい」と述べた。

 現時点で県は現行のV字移設案を基にした方法書の受け取りに否定的なため、防衛省としては、方法書の議論をひとまず避け、実質的に調査に着手する狙いがありそうだ。県の立場を踏まえて調査を前倒しで実施することで、方法書から始まるアセス自体の期間を短縮する狙いもあるとみられる。

 一方で県の環境担当部局は、事前調査を実施しても、アセス本体の調査自体は法で定められた1年間実施する必要があるとの認識を示している。

 施設庁の両課長は12日に名護市役所を訪ね、島袋吉和市長らに県との話し合いの経過を説明した。市幹部は「名護市としてはできるだけ沖合にしてほしいというのは以前から要望していることだ」と防衛施設庁側に説明。「県や政府が沖合に修正するというのであれば、市にとっても良いことだ」と話し、V字案を沖合に移動させる案なら受け入れる考えを示した。55)
生活保護申請に弁護士同行 法テラスが4月にも  (共同) 01月13日 02時04分)
 生活保護の受給申請を市町村の窓口で受け付けないケースが相次いでいるのを受け、法的トラブルを抱えた人の手助けをする日本司法支援センター(愛称・法テラス)は12日までに、弁護士が申請手続きに同行する事業を4月にも始める方針を決めた。

 本来なら受給対象となる人が受給できずに餓死するなど深刻な影響が出ているためで、同行する弁護士への費用支払いはいったん法テラスが負担。最終的に利用者に負担してもらうかどうかは個別の審査で決めるが、負担能力のない人は無料で利用できる見込み。これまで、埼玉県や千葉県などでこうした事業はあったが、初めての全国的な取り組みとなる。

 生活保護受給対象世帯は、1人暮らし高齢者の増加などで1993年度以降13年連続で増加しており、51年度の調査開始以来、2005年度は月平均で初めて100万世帯を超え、過去最高を更新した。

1月12日(金)
前夜、若シェフの作ったパン マッシュルーム入りの玉子焼き
昼食は本場の讃岐うどんで引っ張りうどん。艶々したうどんです
乃里子さんが来ました


夕食は、カキ・フライ、イワシ梅フライ

東京行動
四谷街宣
名護市長「長島含んでいい」/普天間代替施設 沖縄タイムス 1月12日(金) 夕刊 1面
 【名護】米軍普天間飛行場代替施設のV字形滑走路をめぐり、名護市の島袋吉和市長は十二日午前、「長島は触ってもいいという話を地元から受けている。私もそれができればそれでいい」と述べ、辺野古崎の沖合にある長島を含む海域への修正を受け入れる意向を示した。同市はこれまで、同沖合にある長島、平島を建設地から外すよう求めていた。防衛省は昨年十二月に開かれた北部首長との会合で「百メートル移動すると長島にかかる」として大幅修正に否定的な見方を示していた。島袋市長は、地元住民らの騒音被害の懸念に配慮し、防衛省の修正範囲を超えた大幅な沖合への移動を求める考えだ。

 ただ、防衛省には大幅な修正には否定的な見方もあり、名護市の求めている沖合への移動が反映されるかは不透明だ。

 平島と長島では住民が潮干狩りなどをしており、憩いの場として親しまれている。名護市は移設計画が浮上して以来、この二つの島を建設地から外すよう求めていた。しかし、V字形滑走路案で政府と基本合意したことで、住民の間で騒音への懸念が強まっていることから、島の環境保全よりも騒音軽減が重要と判断したとみられる。

 国、県、名護市などは十九日に移設に関する第三回協議会を開く。これに先立ち、名護市、宜野座村、東村、金武町の四首長は十一日に名護市内で会合を開き、V字案で基本合意した経緯をあらためて確認。島袋名護市長が、これまでの県との話し合いの内容を説明し、北部として、引き続き連携して対処していくことを確認した。

成田「一坪共有地」の1か所、反対派住民が売却合意 1月12日15時10分  読売新聞

 成田空港の暫定平行滑走路(2180メートル)南側の未買収地区の地権者の1人である女性(90)が、土地や共有地の所有権の売却を成田国際空港会社と合意していたことが12日、わかった。

 反対派住民が土地を空港会社に売却するのは、昨年3月の三里塚・芝山連合空港反対同盟熱田派元代表・熱田一さん(87)以来。売却合意した土地は、空港用地外の自宅敷地や畑など計8000平方メートル、空港会社と反対派住民男性(58)と共有する、いわゆる「一坪共有地」15か所のうちの1か所の所有権など。成田空港の建設予定地内には現在、計3・6ヘクタールの未買収地がある。
小型ロケット弾がトイレに着弾・アテネの米大使館爆発 日経  (15:36)

 【ロンドン=横田一成】ギリシャ・アテネ中心部の米大使館で12日午前6時(日本時間同日午後1時)ごろ、テロ攻撃によると見られる爆発があった。地元警察はロイター通信に「大使館外の道路から小型ロケット弾による攻撃があり、3階のトイレに着弾した」と述べた。けが人はいない。

 地元メディアは極左ゲリラ「11月17日」の犯行の可能性が指摘している。

 米大使館は高さ3メートルの塀で囲まれているが、大通りに面しており、オートバイからの攻撃も可能という。

 現場ではパトカーや消防車が出動、周辺の道路を封鎖した。 

不当解雇撤回!憲法・労基法を守れ!謝罪を勝ち取ったぞ!
 京都生協(理事長小林智子)、烏丸店(店長三浦朋)らが、労働基準法違反を謝罪した!が、まだ1つだ。憲法・労働基準法違反の重大犯罪行為は1つだけではない。たくさんある。憲法・労働基準法違反をなくそう。

京都生協の労働者、全労働者仲間は、憲法改悪反対、反戦平和、沖縄基地撤去に立とう!辺野古基地建設反対!

なかま(56号)機関紙2007年1月5日

京都生協のパート見習い、アルバイト見習い、アルバイトなどの働く仲間の会
京都―滋賀地域合同労働組合(郵便為替口座番号01000―8−43014
連絡先=伏見東郵便局私書箱26号keizirou.hushimi@hotmail.co.jp

1,私たちは、遂に、謝罪を勝ち取った!昨年11月28日の団体交渉で、私たちは、改めて、京都生協(理事長小林智子)、烏丸店(店長三浦朋)らの憲法・労働基準法違反の犯罪行為を、ただした。そうしたら、いたたまれなくなって、ついに、謝罪をした。京都生協(理事長小林智子)、烏丸店(店長三浦朋)らが、労働基準法違反を謝罪したのである。私たちの闘いの正しさがまた明白にあったのである。

2,だが、京都生協(理事長小林智子)は、アルバイトには、就業規則の作成すらしていない。明白な労働基準法違反の犯罪行為だ。絶対に許せない。これらについて、これはおかしいと改善をしようと訴えた労働者に対して、生協は平気でうそを言い、そのうえ、この5月26日解雇してきました。私達は今不当解雇撤回を頑張っています。

3,労働法制の大改悪が財界言いなりの安倍政権、自民党、公明党などによって企まれています。過労死法、残業代ゼロ法などがそれです。絶対に反対しよう。その点でも京都生協の労働基準法違反の犯罪は絶対に許されない。
沖縄では、年頭から実弾戦争訓練だ!絶対に反対しよう!安部戦争政権を倒そう!
沖縄・・・シュワブで実弾訓練(沖縄タイムス)
 【名護】五日午前五時半ごろ、名護市の米軍キャンプ・シュワブ内の演習場「レンジ10」で、実弾射撃訓練とみられる発射音や破裂音が断続的に確認された。午前十時半現在でも訓練は続いているという。 隣接する豊原区の宮城稔区長によると、同日午前五時半ごろから、爆発音や小銃の発射音が響いたという。宮城区長は「近年にない大きな音。新年早々、こんな朝早くから訓練されたらたまったもんじゃない」と不快感をあらわにした。

 米軍は十二月二十五日、那覇防衛施設局を通して、一月一日から十四日までの間に実弾射撃訓練、一般演習、廃弾処理などを実施すると同市に通告していた。

F15あす未明離陸/嘉手納
 嘉手納基地報道部は五日午前、米本国での訓練に参加するため、同基地所属のF15戦闘機十六機が六日未明に離陸する、と発表した。離陸は空中給油機二―四機を伴い、午前一時から午前五時の間に数回予定しているという。
 同報道部によると、訓練は米本国ネバダ州ネリス空軍基地で行われ、同基地の部隊要員約百五十人が参加する。部隊は同基地での演習後、ニューメキシコ州ホロマン空軍基地へ移動し、訓練を続けるという。

 宮城篤実嘉手納町長によると、町長に電話連絡した同基地のパンチ・モルトン司令官は「米軍の計画で離陸せざるを得ない。可能な限り、住民の迷惑にならないようにしたい」と釈明。宮城町長は「これまでも中止を求めており残念だ」と同司令官に伝えたという。

 同報道部は「訓練は即応能力を高め、日米安保に寄与することを目的としている」と説明した。(沖縄タイムス)

*戦争と虐殺の安部政権を倒そう!*
安部政権は、1年間3万5000人の自殺者を生み出している。国民、労働者市民殺しの虐殺戦争責任者だ。絶対に許せない。また、安部政権は、労働基準法改悪で、労働者を、過労死に、追いやり、財界を残業代ゼロにしてもうけさせる財界の手先だ。
労働者への過労死強要の手先だ。絶対に許せない。ホワイトカラーエグゼンプショ反対!今年こそ安部政権を倒そう!

1月11日(木)
不動産屋の掃除をします
昼食はカレー ニンジン・サラダ ツナ・サラダ
ヌンチャクを買います いいものが沢山入りました
鑑定をする清水さん 若山さんから大根の差し入れ 散歩する下地さん
夕食はアン肝・白子・カキ・鶏鍋
杉並 1月11日(木)
リサイクルショップ杉並
さあ、値段付けをしましょう 次は食器を拭いて…店員をする北島邦彦さん
お茶をしながら政治を語ります
語り歌ノート 直前版 2007.1.11        館野公一
 みなさん、こんにちわ

 かなりマジで寒くなってきました。此のごろ本当の冬が少なくなったとお嘆きの方、お待たせしました、冬到来ですって、待ってないですかね。でもこれが過ぎないと暖かくはならないですから、ゆっくりと春を待ちましょう。土曜日は上福岡曼荼羅で歌います。
語りうたノート番外編です。

 これまでライブに来てくださった方、もうすぐ来てくれそうな方^^;)にお送りしているライブ直前メール、土曜日は上福岡曼荼羅で歌います。

【くらっ・と・ukulele】上福岡・曼陀羅

 049-265-0156 東武東上線上福岡駅南口下車5分

◆1/13(土) 19:30〜 独酔舎 館野公一 チャージ・1500円

独酔舎さんのサイト↓
http://ch05680.kitaguni.tv/

上福岡曼荼羅のサイト↓
http://www5f.biglobe.ne.jp/~mandara/

去年の6月の語り歌に出ていただいた独酔舎さんの月例ライブでうたわせていただくことになりました。
埼玉方面、お近くの方はぜひ聞きに来てください。

-------------

【語り歌の継承 vol.24 館野公一】ゲスト中川春野(予)

 今回はちょっと変わった趣向、語り歌ってどうやってできるの、どこまでホントなの(爆)。歌にこめられた情報をゲストに解きほぐしてもらいながら、聞いてみます。何度か聞いた歌もオモシロく聞けるのではないかと、思います。

◆3月3日(土)谷保・かけこみ亭(0425-74-3602)
7:00pm 1500円(電話・メール予約1300円)メールはこの「語り歌
ノート」に返信して下さい↓。
★ライブ中はタバコは外でお願いします★
かけこみ亭↓
http://www.asahi-net.or.jp/~yi7k-ttn/kakekomi/
-------------

【革に刻まれた物語】語り歌の夕べ・早春編

◆3月9日(金)駒込・琉球センターどぅたっち 駒込駅からすぐのところにある小さな沖縄、『どぅたっち』で昨年8月に続いて歌います。「語り歌の継承」でゲストの中川龍也さんと1時間ずつの語り歌バトルです。泡盛、オリオンビールやオキナワン・フードもあります。
7:00pm〜 1800円(ワンドリンク・沖縄おにぎり付)

琉球センターどぅたっち(山手線駒込駅東口下車2分)東京都豊島区駒込2−14−7 TEL 03-5974-1333
http://www.geocities.co.jp/EpicureanTable/6398/
-------------

それでは、ライブでお待ちしています。


語り歌ノート 番外  発行 館野公一 qfh01525@nifty.ne.jp

1月Bへ 1月Dへ

2007年日誌


2006年 2005年 
2004年 2003年
2002年 2001年
2000年 古い「街」ニュース 
バックナンバー